日本支部の歴史
前 史
1949 フィレンツェでフランスの上級司書 V.フェドロフ氏IAML提唱し準備大会
以後大会、年次会議を毎年開催今日に至る。
1967 ザルツブルク年次会議に、日本から初めてNHK音楽資料部 上法茂参加
1972 ボローニャ年次会議に村井範子、岸本宏子参加
日本の会員が徐々に増える
1978 H.ヘックマンの要請を受け、村井範子、岸本宏子、上法茂日本支部設立準備
支部設立
1979 日本支部設立大会開催
支部長 遠山一行  事務局長 村井範子  会計 渡部恵一郎
日本支部例会始まる 第1回〜4回
1980 ケンブリッジ年次会議に日本支部として出席(遠山一行、村井範子、上法茂、岸本宏子、平尾行蔵、荒川恒子、藤堂 雍子) この間徐々に大会、年次会議出席者が増える
日本支部例会開催 第5回〜16回
1988 東京年次会議開催される
実行委員会 遠山一行、角倉一朗、福島和夫、村井範子、渡部恵一郎、岸本宏子、松下ひとし、林淑姫 他
1989 日本支部総会で、改組案提示があったがまとまらず、この間、日本支部活動休眠状態。
但し、本部年次会議への定期的な参加は続き、メンバーも増えてきた。
主な参加者は村井範子、上法茂、井上公子、岸本宏子、角倉一朗、関根敏子、林淑姫、藤堂雍子、他
1993 本部機関誌 Fontes artis musicaeの編集協力に岸本宏子参与する
1994 日本支部総会で再建を目的とした役員推挙される
支部長  遠山一行   副支部長 村井範子 渡部恵一郎
事務局長 林淑姫   会計   上法茂
1995 定期総会で新役員選出される
支部長  渡部恵一郎  副支部長 上法 茂
事務局長 秋岡 陽   会計   藤堂雍子
1996 日本支部例会再開 第17回
年次会議での日本からの発表が恒例化
1997 定期総会で新役員選出される
支部長  渡部恵一郎  副支部長 上法 茂
事務局長 岸本宏子   会計   藤堂雍子
1998 日本支部設立20周年記念事業を予定
その1 支部ホームページ作成
1999 定期総会で新役員選出される
支部長 金澤正剛     副支部長 岸本宏子
事務局長 秋岡 陽    会計 藤堂雍子
2002 定期総会で新役員選出される
支部長 荒川恒子        副支部長 林淑姫
事務局長 長谷川由美子   会計 関根和江
2005 定期総会で新役員選出される
支部長 荒川恒子        副支部長 藤堂雍子
事務局長 長谷川由美子   会計 佐藤みどり
2008 定期総会で新役員選出される
支部長 金澤 正剛   副支部長兼事務局長代行 藤堂 雍子
会計 森 佳子
2011 定期総会で新役員選出される
支部長 金澤 正剛   副支部長 荒川 恒子
事務局長 長谷川 由美子   会計 星野 宏美、小倉 洋子
2014 定期総会で新役員選出される
支部長 荒川恒子   副支部長 林淑姫
事務局長 長谷川 由美子   会計 小倉 洋子
     

トップページへ (top page)